賃貸暮らし

40代~50代で賃貸暮らしは恥ずかしい?中高年の賃貸暮らしに対する世間の印象を調査!

この記事では、40代~50代で賃貸暮らしは恥ずかしいことなのかどうか、調査した結果をまとめています。

40代~50代で賃貸暮らしをしていて、

  • 「いつまでも他人に家を借りなくちゃいけなくてかわいそう」と思われているのでは?
  • ほとんどのママ友が持ち家で会話についていけない
  • お金がない人に見られている気がする

といったことが気になるあなたは、ぜひ参考にしてみて下さい。

「40代~50代で賃貸暮らしは恥ずかしい」という意見

同じ賃貸でもマンションなら感じにくいかもしれませんが、この年齢になってみると「アパート」だと何となく恥ずかしいというか、いい歳にもなって家も持てないのかと思われているのかもしれないな、なんて思うときはあります。

出典:発言小町

「40代~50代で賃貸暮らしでも恥ずかしくない」という意見

自分でメンテナンスをする必要もなく、引っ越したい時に引っ越せて住み替えも楽なので、転勤などが多い仕事についている方などは賃貸で十分だと思う。賃貸でも新築、築浅なら綺麗でお洒落な物件も多いので恥ずかしいとは思わない。(34歳・女性)

転勤族や家族が単身赴任中等、色々な事情があって賃貸物件に住んでいる方もいると思います。実際私の知り合いでも毎年のように転勤するため賃貸にしか住めないと言っている方もいます。賃貸だからと言って決してお金がないというわけではないと思います。(35歳・女性)

今時珍しいことでもないし、一軒家を持ったとして、年金だって期待できない未来、固定資産税をずっと払っていけるかも分からないし、後々リフォームしたりするとしてもお金かかるし、結局は一生でかかるお金って賃貸でも一軒家でもそう変わらないんじゃないかとも思うし、だったら気分で引越ししやすい賃貸のほうがいいんじゃないかと私は思います。(31歳・女性)

仕事柄、転勤が多い人もいると思うので必ずしも持ち家にこだわる必要はないのではないかと思います。最近はテレワークも進んできているので、賃貸暮らしで自由にいろいろな土地に住んだりできるのも魅力的だなと思います。(29歳・女性)

好んで賃貸に住んでいる人もいるとおもうから。家を購入すると維持費がかかるうえに、徐々に古くなっていき簡単に引っ越すことができない。一方、賃貸ならマイホームと比較すると、気楽に引っ越しができて築浅の物件に住むことができる。(39歳・女性)

持ち家と賃貸で考えると、老後は賃貸の方が、入院や介護が必要になったときに柔軟に対応できると思うからです。持ち家の場合はそれを維持する金額と依頼する業者選びや対応が大変になりそうです。そういう理由で賃貸を選ぶなら、恥ずかしく思う必要はないです。(57歳・女性)

私自身はずっと持ち家で生活しましたが、賃貸の方が便利ですし、40-50代になって賃貸でもなんら問題ないと感じております。賃貸であれば簡単に自分の生活の拠点を移せますし、自分のキャリアや家族の有無など生活にあった住まいを選ぶことができます。むしろ、40-50代で賃貸なら賢い生活をされてきた人だなとさえ思うからです。(26歳・女性)

今は持ち家に住むことが当たり前の時代ではないしその人のニーズに合った暮らし方が主流だと思うから。
持ち家も賃貸もどちらにもメリットとデメリットがあって考慮したうえで自分に合った暮らし方をしている方が賢いと思う。(29歳・女性)

人それぞれ色んな事情があると思うので、賃貸の方が一戸建てと違ってボーナス払いがないから良いと言う人がいれば、間取りが良くてこの部屋が気に入っていると言う人もいるので、自分のスタイルにあっていれば恥ずかしくないと思います。(53歳・男性)

持ち家があるから偉いとか、カッコ良いとか思いません。
持ち家は管理も大変ですし、賃貸でも 可能な範囲で内装を住みやすく心地良い空間にできます。
何かあっても、土地に縛られることなく引越しもできますし、幼い子と2人、穏やかに暮らしています。(46歳・女性)

確かに時代が昭和の頃なら恥ずかしいことだったのかもしれませんが、平成を経て令和に至った現代では、様々なライフスタイルが容認されていると思うので、むしろ40~50代で賃貸暮らしが恥ずかしいと思う感覚が古臭く、逆に疑問に感じます。(43歳・男性)

実際、賃貸暮らしです。恥ずかしいとは思ったことはありません。身軽、気軽です。
今住んでいるところに永住する可能性がとても低い、あと数年後には引っ越しする予定なので賃貸暮らししか逆にできません。
昔からマイホームを持つことの夢や願望がなかったことと、いろんなところに住んでみることが好きなので賃貸暮らしが楽です。(48歳・女性)

年齢がいくつでもその人のライフスタイルに合った住宅で暮らすほうが良いと思うので。持ち家に住んでいるから偉いし凄いとは思わず、自分の身の丈に合った生活を送るのが1番だと思う為。どこに暮らしていても、40~50代で充実した毎日を送れていれば全く恥ずかしくないと思います。(35歳・女性)

今のご時世では子供がいないか、結婚していない40から50代の人も多いと思います。一戸建てもしくはマンションなど持ち家でなくても、1人か2人で生活するだけなら賃貸でも充分だと思います。恥ずかしいか恥ずかしくないかは個人の価値観なので、恥ずかしいなら家を買えば良いかと思いますが、経済的に無理をして家を買う事でお金に余裕がなくなって、生活や本人の心のゆとりがなくなってしまう方が、大人として恥ずかしい決断かなと思います。(37歳・男性)

賃貸は賢い選択だと思います。だって、家を買ったら固定資産税や共同費とかもはらわされるし、どっかが故障したとか悪くなったとかですぐ修理。これではお金はたまらないように思います。でも賃貸なら変な隣人がいればすぐに引っ越しできるし良いです!!(39歳・女性)

「40代~50代で賃貸暮らしは恥ずかしい?」の調査結果のまとめ

40代~50代で賃貸暮らしをすることは、決して恥ずかしいことではありません

世間の多くの人は、

「40代~50代で賃貸暮らしをしていたとしても恥ずかしくない」

と思っています。

ただ極一部では、

「40代~50代にもなって賃貸暮らしは恥ずかしいことだ」

と思っている人も確かにいるようです。

もし、あなたが40代~50代で賃貸暮らしをしていて、それが

「恥ずかしい」

と思っているなら、

  • 戸建ての借家を借りる(見た目で賃貸かどうかわからない)
  • 安い中古住宅を購入する

などを検討してみても良いかもしれませんね。

中古住宅を購入するなら築20年程度の注文住宅が狙い目

ここまで記事を読んで、

「やっぱり持ち家も考えてみようかな…?」

というあなたには、元々は注文住宅として建てられた築20年程度の中古住宅がおすすめです。

なぜなら、

  • 家自体は建ってから22年経つと価値が0になる(木造の耐用年数22年)
  • 価値が0でも元が注文住宅なら設備のスペックが良い

といったことが言えるからです。

つまり、築20年程度の家になれば、どんなにハイスペックの注文住宅でもほぼ土地代だけで購入できるのです。

そうは言っても築20年にもなれば、多少のリフォームは必要になります。(経年劣化を気にしなければリフォームなしでも住めます)

ですが、それでも新築を買うよりは間違いなく安く済みますよ。

その分、住宅ローンも早く返せますしね。

というわけで、中古住宅を購入するなら、築20年程度の注文住宅が絶対におすすめです!

簡単60秒のスピード登録で未公開の物件情報をゲット!
手軽に中古住宅を探す方はコチラ↓