離婚調停、離婚裁判のための勝てる持ち家分割の裏テクニック

不動産会社の強み・弱みを上手く利用するべし!

仮に貴方が無料不動産査定サービスを利用した際に
夫婦が所有する不動産の査定額が5000万円(各不動産会社の平均査定価格)だとした場合

 

A社の査定額は4000万円、B社は5000万円、C社は6000万円・・・などと
査定額に大きな差がでるのは簡易査定ではよくある事で
この査定額の差が大きいほど私が使った作戦では効果が大きくなります。

 

このように2000万円も査定額に差があれば、
このデータを持っている貴方は1000万円以上も得をし、
持っていない側は1000万円以上の損をするのです!!
(何故このデータで私が得をし、相手が損をしたかは《4》章で詳しく書きます)

 

通常、各不動産会社はレインズなどで過去の販売事例などに元づくデーターを
共有しており、それらのデータを基本に不動産の査定額を割り出しています。

 

では、それでも何故これほどの査定額の差が出てくるのでしょうか?

 

離婚,家,不動産,財産分与,不動産の算定評価額を無料で調べる方法, 相談,ローン,女性,法律,悩み,修羅場,負けない,協議離婚,調停離婚,離婚問題,ブログ,子供,夫婦名義,持ち家,マンション,離婚調停,離婚裁判

 

 

 

ひと口に不動産会社といっても、その不動産会社それぞれに強みや弱みや特徴などがあり
たとえば東京で例を上げれば山の手に強い会社、下町に強い会社、
私鉄系不動産会社では自社沿線には強いが他沿線には弱い
一戸建てに強い会社、マンションに強い会社など
それぞれに得意ジャンル、不得意ジャンルがあります。

 

また、貴方が査定を依頼した様な物件を探している見込み客などが
タイミング良く居る不動産会社などは高めの査定を出してくる事も
もちろんあります。

 

まして今回、私が利用したような実際の物件を確認しないで査定する
簡易な不動産査定の場合は「荒い査定」になってしまうのは当然で
大きく査定額に開きが出やすいのはこのような様々な理由が合わさる事が理由であり、
無視できない程の大きな評価額、査定額の差が出てくるわけです。

 

しかしこれが今回この無料不動産一括査定サービスを利用する
最大のメリットなわけで評価額、査定額に差が出れば出るほど貴方に有利な
データ(調停資料・裁判資料)を手に入れやすくなるという事に
なるのです。

 

 

ではいよいよ具体的に無料一括不動産評価・査定サービスで手に入れた金額を
実際の離婚交渉や調停・裁判でどのように使えばいいのかをお話ししましょう。

 

↓ ↓ ↓

【4】不動産無料一括評価・査定データーの具体的な使い方

 

 

■私が使った無料の不動産一括査定サービス■

 


不動産査定エージェント


不動産屋さんをいくつも回るのは骨が折れますが、
このサイトでは最大6社の無料一括査定を手に入れる事ができます。
入力時間はわずか1分。
複数の不動産会社から価格が出てきますので、
あなたの物件の最高価格はもちろん最低価格も知ることができます。
プライバシーマーク取得企業【承認番号:10861207(04)】

 

スマホ用

 

 

 

不動産一括無料査定【ふじたろう】

 

【ふじたろう】は日本最大級の全国1,300軒の不動産会社が登録している東証JASDAQ上場のプロパティエージェント株式会社が運営する不動産査定一括サービス。
人工知能と常時13万件の不動産売却情報に基づいたビッグデータからの不動産一括査定の技術で注目されており、無料不動産査定一括は年間4万人以上が利用しています。
特に中古マンションの売買情報が強いようで「とにかく高い査定額が欲しい方」はマンションは元より一戸建てや土地も査定依頼して損はないはずです。
60秒で売却価格をカンタン診断。

 

【ふじたろう】はこんな人に向いています
とにかく高い査定金額を離婚調停や離婚裁判で使いたい方
マンションの無料一括査定に強いサービスを探している方

 

 

 

 

タウンライフ不動産売買

 

信頼のある複数の不動産会社から離婚調停や離婚裁判にそのままの形ですぐに使える不動産売却価格査定書を【メール・郵送・FAX】のうち希望の方法で送ってくれますのでとても便利でした。
1分の一括依頼で複数社の査定を比較・検討できます。
参加不動産会社300社以上。
地元密着の地方の不動産会社も多く参加しているのである意味「バラけた」不動産売却価格査定書が手に入ります